お寺でのスズメバチ駆除の重要性〜参拝客の安全のために〜

お寺でも被害が多い!?スズメバチ駆除の必要性と安全な対策

スズメバチ駆除で起きた悲劇を繰り返さないようにしよう

巣作りの段階で変わるスズメバチ駆除のQ&A

不特定多数の人が参拝に訪れるお寺には、案外蜂の巣ができてしまうスポットが多くスズメバチ駆除の需要が高いです。ここで、 低リスクで対応できるスズメバチ駆除 の方法を見てみましょう。"

巣が大きい場合はスズメバチ駆除の業者へ連絡

自力でスズメバチ駆除 をするとなると、防護服など身を守る道具が必要になります。また、基本的に自分で駆除できるのは巣の大きさが10センチ以内の場合です。蜂の巣がすでにそれ以上大きくなっているのであれば、無理に駆除しようとせずに業者へ相談しましょう。"

火で蜂を追い払おうとした人の話

蜂の巣を火で焼き払おうとしてお寺が全焼してしまったという事例があります。お寺の食堂にできた蜂の巣を焼き払おうとしたところ、スズメバチに襲われて火のついた棒を落としてしまったそうです。こうしたトラブルに遭わないように個人でのスズメバチ駆除はなるべく避けましょう。

戻り蜂に襲われた

スズメバチ駆除をする時に気を付けなければならないのが戻り蜂の危険です。実際に70歳の男性が戻り蜂に刺されて死亡したという事例もあります。自分でスズメバチ駆除をせずに業者に依頼していれば、戻り蜂への対策もしっかりできたかもしれません。

スズメバチの見た目や巣の形

蜂には様々な種類がいます。種類によって見た目も性格も異なります。もし敷地内で見つけた蜂がスズメバチだった場合、早急に駆除を行なう必要があります。スズメバチかどうか見分けるために、特徴を把握しておきましょう。

TOPボタン